商標登録にかかる費用

商標登録にはある程度の費用が必要です。いくらくらい費用を準備すれば良いでしょうか? - 商標登録にかかる費用

更新情報

アーカイブ

商標登録にかかる費用

utyud
みなさんは商標登録にかかる費用について、どの程度ご存知でしょうか?普段は馴染みのないものだけに、なかなか知識を得る機会は多くないと思います。そもそも商標って何だろう?という方も少なくないかもしれません。
今回はそんな商標について、ご紹介したいと思います。最近はインターネットの発達に伴い、個人であっても商標登録を行う人も増えてきております。商標登録についての知識を得ておくことは有用ですよ。

そもそも商標とはどんなものでしょうか?

では、まずはじめに商標とは一体何を指すのでしょうか?これは実はとても簡単で、商品やサービスの出所を示すマークが商標ということになります。例えば、飲料についてであれば、にサントリー」というマークです。
商標は私たちの日常のいたるところに溢れています。昨今は、お店に並ぶ商品のほぼすべてに商品が付されているといっても過言でもありません。

商標にはどのような機能があるのでしょうか。

では、次に、商標にはどのような機能があるのでしょうか?これはなぜ商標登録を行うのかと密接に関わっています。一般的に、商標には次の4つの機能があると言われています。
それは、自他商品識別機能、出所表示機能、品質保証機能、宣伝広告機能です。各機能の細かな説明については、他のページに譲りますが、昨日の名前だけでも商標がどのような役割を果たしているのかがわかると思います。

商標登録の流れはどのようなものでしょうか。

商標登録は弁理士に依頼することができますが、個人で行うことも可能です。今回は個人で行う商標登録の流れについて、見てみましょう。まず、はじめに、自分が登録したい商標と同じようなものが既に存在しないか調べましょう。
次に、商標登録出願書類を作成します。この際、商標登録出願書類には特許印紙を貼り付けます。この特許印紙代は、登録する区分により変わるのですが、1区分であれば12000円、2区分であれば20600円です。
区分が増えるとかかる費用も増えます。計算式としては、3400円+8600円×区分数です。印紙を貼り付けたら、郵便局から発送します。
これで出願自体は完了したことになります。その後、特許庁が出願書類を受け取り、出願者のもとに出願番号通知書が送られてきます。そして、仮に出願した商標が商標登録の要件を満たしてみた場合は、約6ヶ月後に特許庁から商標登録査定の通知書が送られてきます。
それが送られてきた場合は、30日以内に登録料を納付することで、商標登録は完了となります。商標権の存続期間は10年です。そのため、登録料は10年分を一括納付するか、5年分を2度納付するかになります。
10年分を一括納付の場合は28200円×区分数です。5年分の場合はどう16400円×区分数となります。

商標登録は個人でも行うことができます。

htrtr
いかがだったでしょうか?商標登録と聞きますと馴染みがない分、個人で行うことは不可能なのかと思いがちですが、きちんとした手順を踏むことで個人でも行うことができます。また、それにかかる費用は区分数により変わってきますが、仮に1区分であるとすれば、合計で40200円と郵送料のみになります。
普段の生活で商標登録をすることは決して多くないと思いますが、意外と簡単に手続きができるということを頭に入れておいてくださると嬉しいです。もしかしたら、あなたの商標が世界中を席巻することもあるかもしれませんよ!?

Copyright(C)2016 商標登録にかかる費用 All Rights Reserved.